「親よりもネットから情報を得る時代」に、父が子どもにすべき“たった一つのこと”

引用元:2016年10月24日 ウレぴあ総研

日本の男性は、育児にどれほど参加しているのでしょうか。

「イクメン」という言葉が流行したと同時に、多くの男性が育児に関心を持つように。男性の育児休暇も取得できる会社も少しずつ増えてきているようです。

しかし、「なかなか育児が楽にならない」というのが、女性の本音ではないでしょうか。

ここで、育児などへの男性の参加について調べてみました。

参考にしたのは、育児時間を国際比較している内閣府の資料です。対象となっているのは「6歳未満の子どもを持つ夫の育児時間」について。

そこでの発表では、日本人男性の1日の育児時間は平均40分程度となっていました。これは諸外国と比べると、一体どの位置になるのでしょうか?

まだまだ低い、父親の 育児・家事時間
その結果は……、アメリカは65分、イギリスは60分、スウェーデンは67分、ノルウェーは73分。つまり、日本のそれは諸外国に比べて短いということがわかりました。

また、この育児時間に「家事関連時間帯」を含めると、日本人男性の貢献度は、欧米諸国の3分の1程度になってしまいます。

日本人男性が家庭にさく時間が短いことがわかりますね。

男性の育児参加は、女性の皆さんの育児ストレスを少なくする効果も考えられますが、実は子どもにとっても非常に大切なのです。

育児に積極的な父の子は「元気で賢い子」に育つことが判明!
というのも、国際機関のユニセフの調査によると、子育てに積極的な男性の元で育った子どもは、元気で賢くなるとのこと。

また、IQの高さもわかっており、就学後も学業成績が良いのです。

ユニセフではこれを「パパ・イニシアチブ」として提唱しており、男性の育児参加することの重要性を訴えています。

また、何よりも家族の仲がよくなり、家族全員が得られる幸せが増えますよね。

皆さんのご家庭はいかがでしょうか。

「ネット時代はパパ・イニシアチブの出番」とし、男性の役割として、「メディア・リテラシーを子どもに教える時代になった」と持論を展開するのが、ユーサイキア研究所代表で書籍『男親が賢く元気な子を育てる ―「パパ・イニシアチブ」子育て法』の著者・能登春男さんです。

父親が教えるべき「メディア・リテラシー」
育児を経験している方の多くが共感するかと思うのですが、公共の場にいる時や家事に専念しなければならない時、泣き叫ぶお子さんを静めるために、ケータイやタブレットは実に効果的です。

筆者も「これではダメだ」とわかっているのですが、子どもがじっとしてくれるので、つい手渡してしまうことがあります。

子どもの頃からこんな生活に慣れてしまっては、親子のコミュニケーションも減ってしまいますし、子どもにとってコミュニケーションが楽なケータイやタブレットに偏ってしまいます。

筆者の場合、2歳の子どもがスマホを手に持ち、「YouTube」をスクロールして使っている姿を見て驚いた記憶があります。

いまは、スマホから多くの情報が得られる時代となりましたが、これまでもラジオから始まり、テレビ、インターネットと、子どもたちが直接親から学ばなくても、知識や情報を得られる機会がありました。

アメリカのある思想家・バックミンスターフラー(1895年~1983年)の提唱に、「家庭で父親の権威がなくなったのは、ラジオの説明があったから」というものがあります。

これは、今の時代にも通じていて、子どもたちは父親に教わるよりも先に、インターネットで様々な情報を得るようになりました。

その昔は、子どもには想像できない父親による外の世界での体験や知識は、かけがえのない情報でした。

男の子はそれをならって大人になりましたし、女の子は生涯の伴侶選びに父親をモデルにしていたと能登さんはいいます。

しかし、今の時代はラジオ、テレビの登場が父親の権威を脅かしたように、インターネットが知識の元となりつつあるのです。

もはや、生きた年齢が多いからといって、より多くの情報を提供できるというわけではないのです。

そんな時代を生きる父親がすべきことは、どのようなことなのでしょう。同書にその解がありました。

父親がすべきは、育児・家事・モラル教育?
最近では、一日中、YouTubeを見て過ごしたり、ネトゲに依存したり、また、何かあればLINEで繫がることを優先する子どもたちが増えています。

最悪のケースでは、そこからいじめが始まったり、自殺するといったこともニュースになっています。

彼らはメディアに接する機会は増えましたが、それをうまく使いこなすモラルはありません。

そこで父親の出番なのです。

「メディアを使用する時間管理はもちろんのこと、お父さんがパソコンやタブレットを一緒に使って、テクノロジーの賢い使い方のお手本を身近で示しておきましょう。

子どもが幼いうちは、誰とどのようなやりとりをしているのか、親が知っておく必要もあります。

メディアの良所と短所を教え、社会のルールとメディア作法など、モラルを導くのはパパの役目です」
出典『男親が賢く元気な子を育てる ―「パパ・イニシアチブ」子育て法』能登 春男

もちろん、危険性を感じてスマホやゲームを一切禁止するご家庭もあるかと思います。

しかし、この情報社会のなか、これらを取り上げるだけでは解決するものではありません。正しい使い方、正しいメディアとの接し方を、早くから教えてあげる必要があるのです。

また、上記にあるように情報に触れる機会は増えたのですが、彼らはまだ子どもですので、守ってあげなければいけない、そんな存在でもあるのです。

男性の役割がかわりつつあるこの時代、父親として子どもにやってあげるべきは、情報を与えるのではなく、情報の使い方・接し方なのかもしれません。

皆さんの旦那さんは、これにお気づきでしょうか?

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です