東京都の親に聞く、乳幼児にとって危険なもの – 1位は三輪車

引用元:2016年1月4日 マイナビニュース

三輪車などのおもちゃや、ベビーカーなどの移動用具でのヒヤリ・ハット経験が最も多い―。東京都生活文化局が行った調査で、乳幼児を育てるために使う製品でけがをしそうになった「ヒヤリ・ハット」経験や、実際にけがを負った「危害」の実態が明らかになった。

調査は2015年1月20日~2月10日の期間にインターネット上で行われ、東京都および近県在住で6カ月~6歳(就学前)までの乳幼児と同居する保護者3,000名から回答を得た。

○三輪車の事故は100件

調査報告書によると、「乳幼児が使う製品」で危害やヒヤリ・ハットを経験した保護者は26.5%。年齢は2歳(360件)が最も多く、1歳(301件)、3歳(255件)が続いた。性別は6歳では男の子の割合が女の子を上回っているが、その他の年齢では大きな違いは見られなかった。

項目別にみた危害、ヒヤリ・ハット経験では、おもちゃ(538件)が最多。製品別に見ると三輪車(100件)が特に多く、「前のめりに転倒し地面にあごを強打して出血した」「道にあった石に乗り上げてしまい、バランスを崩して転倒した」などの回答があった。

おもちゃ以外の事例では、「歯ブラシをくわえたままソファーでジャンプして転び、のどの中を突いてしまった」「公園で遊んでいたら、フードが木の枝に引っかかって、首が絞まりそうになった」「ファスナーに指を挟んだ」などがあがっている。

○抱っこひもや自転車を利用の際にも危険が多い

「乳幼児を育てるために使う製品」で危害やヒヤリ・ハットを経験した保護者は32.0%。年齢は1歳(461件)が最も多く、0歳(399件)、2歳(308件)が続いた。性別は5歳を除いて男の子の割合が女の子の割合を上回っており、6歳児では約7割が男の子だった。

項目別にみた危害、ヒヤリ・ハット経験では移動用具(698件)が特に多かった。製品別に見るとベビーカーが最多で、「子どもをベビーカーから降ろして、たたむときに指を挟んでしまった」などの回答があった。

さらに、「前かがみで抱っこひもを背中で止めようとした時に子どもが頭から落ちてしまった」「子どもを幼児用座席に載せたまま自転車を止めて、目を離したすきに自転車が倒れてしまった」など抱っこひもや子ども乗せ自転車を使用中にヒヤリ・ハットを経験した保護者が多数いることもわかった。

移動用具以外に関しては、「ベッドガードの隙間から落下した」「キッチンゲートを子どもが自分で開けようとして指が挟まってしまった」「コンセントキャップを口に入れた」といった事例が寄せられた。

○予想をしない行動が”ヒヤリ”の原因

それでは、なぜこのようなヒヤリ・ハットが起こってしまったのだろうか。理由を尋ねたアンケート結果によれば、いずれの項目でも「乳幼児が保護者の予想しない行動をした」「保護者が乳幼児から目を離した」などが上位に入っている。

これについて都は、自分の意思で物を動かせない「お座りまでの時期」は、顔のそばにタオルやぬいぐるみを置かないようにするなど、「子どもの成長時期によって、特に気をつけることが違う」と指摘している。

「ハイハイからつかまり立ちの時期」は、口、鼻、耳に物を入れやすかったり、「歩き始める時期」はバランスを崩して転びやすかったりといった特徴がある。それぞれの時期に応じて、異物を飲み込んでいないか注意したり、歯ブラシなどを持たせたまま立ち上がらせたりしないといった対策が必要だろう。

都生活文化局は乳幼児にまつわる事故の防止に役立ててもらおうと、調査結果をまとめた「乳幼児の身の回りの製品事故防止ガイド」を作成している。気をつけるべきポイントをおさえておくだけでも、事故を防げる可能性は高くなる。1度目を通してみてはいかがだろうか。

(菊地由美子)

えっ…逆でしょ?我が子を自立させたいなら思い切り「甘えさせる」べき理由

引用元:2016年1月4日 WooRis(ウーリス)

特に田舎に帰ったり海外に出かけたりすると、子どもたちも普段とは違う状況に、つい楽しくなってテンションも上がり、子どものお世話も大変に感じる時もありますよね。

こうした時に、ついつい「早く自立して欲しいなぁ」と思うことがあるのではないでしょうか。

でも、自立をさせたいと考えるママこそ、実は“子どもをしっかりと甘えさせてあげた方が良い”というのをご存知ですか?

そこで今回は、元京都大学名誉教授だった河合隼雄さんの著書『Q&A こころの子育て 誕生から思春期までの48章』を参考に、“子どもを自立させたいなら甘えさせた方が良い理由”を紹介します。

 

■親が自立をさせようと悪循環に

<親が自立のことをあんまり頭でっかちに考えだすと、感情が消えていくんです。そうすると、子どもからすると、なんとなく物足りないような気がして、ひっつき方がおかしくなる。もっとべたべたしてくる。それで母親は、この子はまだ自立できてない、と腹が立ってくる。悪循環になるんです。>

自立させようと焦ると、つい子どもに厳しく接してしまいがちですよね。おそらく、真面目なママや子どものことを真剣に考えているママほど、ついついやってしまうのではないでしょうか?

実は、これが子どもとの関係をより複雑にしてしまい、悪循環にしてしまうというのです。

子どもが甘えたい時には、その気持ちを受け入れてあげて、“十分に甘えさせてあげないと”ダメなのだそうです。

 

■“甘えさせる”と“甘やかす”の違い

ただし、「甘えさせるのと、甘やかす」のは違うと言います。それはどういうことなのでしょうか?

<子どもが甘えてきたときに、甘えさせるのはいいんです。子どもが甘えたいという気持ちを、受け入れてやってるんだから。ところが甘やかすというのは、甘えさせるのと違って、「なんでもかんでも、親の私にベタベタしてたらよろしい」という姿勢なんです。>

この甘やかす、というのは逆に親が絶対にしてはならないことだというのです。甘やかすというのは、どちらかというと、親が何かをしてあげようという気持ちが強くなり、親の方が中心になってきて、子どもの気持ちは消えてしまうというのです。

確かに、改めて説明をされると、甘えさせるのと甘やかすのでは大きく違うことが分かりますよね?

この辺の勘違いも、子どもの自立を妨げる大きな要因になりそうです。

 

以上、“子どもを自立させたいなら甘えさせた方が良い理由”でしたが、いかがだったでしょうか? 親としては、やはり子どもには自立してもらいたいと思いますよね。というより、それこそが一番大切なことかもしれません。

できるだけ、スムーズに自立できるようにしたいですよね。年末年始、子どもと接する機会にちょっと意識してみてください!

(ライター 吉田和充)

 

 

子供にやらせてはいけない運動 身体への障害が起きる危険性も

引用元:2016年1月3日 nanapiユーザー・まことたろう 編集:nanapi編集部

子どもにとって運動は重要、身体が成長するためには、食事、睡眠、運動が欠かせません。しかし、食事にも子どもに有害なジャンクフード等があるように、運動にも子どもにやらせてはいけないものがあります。実際に運動によってはスポーツ障害といわれる運動による身体への障害がおきるおそれがあります。アメリカではヘディングのスポーツ障害の危険性が高いことが指摘されており、日本でも学校によっては子どものサッカーではヘディングが禁止されていたりします。そこで、子どもにとっては有害、もしくは怪我の元になるような運動、トレーニングを紹介します。

■ サッカーのヘディング

小学生や中学生といった体の成長が著しい年代の子どもにとってヘディングは大変危険なんだそうです。

◎ 脳を損傷し、大事故に発展することも

子どもの脳にサッカーボールがあたることは非常に危険です。脳は急な衝撃によって揺れたり弾んだりするものであるため、意外にも傷つきやすいものです。また、小学生~中学生の頚椎を支える首の骨は未発達であり、首に対するダメージも深刻なものになります。そして幼少期の子どもの脳へのダメージは蓄積され、やがて障害が起きる可能性もあるようです。

■ タックル

◎体当たりは骨折しやすい

レスリング、ラグビーなどの体当たりが行われる競技が子どもの運動能力の発達によいという意見もあります。しかし、子ども同士の体当たりと言えど、骨折の原因になり、危険性が指摘されます。また、中学生以下の子どもは神経系の発達が最も盛んなころであるため、筋力を激しく鍛える運動はあまり向かないようです。

■ ボウリング

◎ 手腕通、ばね指などの原因になることも

子供用のボウリングの球であっても持ち方、投げ方が正しくない場合、スポーツ障害を患う恐れのある危険な運動となってしまいます。

また、小さな子どもの腕は脱臼しやすく、5~6ポンドのボウリングの球でも安全が確保されているわけではありません。また、子供用の5~6ポンドのボウリングの球はボウリング場によっては在庫が少なく、すぐになくなってしまうこともありますが、年齢に応じた球を使いましょう。

■ 筋トレ

◎ 効果が少なく、身体を痛めやすい

中学生以下の子どもは骨格の成長途中であり、基本的に筋力トレーニングの効果が出づらくなっています。そのため、筋トレ自体にあまり効果が期待できず、むしろ怪我の原因になる恐れがあるようです。

◎ 激しい筋トレは危険大

中学生ごろになると筋トレも激しいものができるようになりますが、「腹筋」や「スクワット」などは腰痛や関節痛の原因になり、「長距離のランニング」なども膝へのダメージが蓄積されています。これらの運動も適度な量であれば身体に対するダメージも気にするようなものではありませんが、過度なトレーニング量を行ってしまうとスポーツ障害になる危険性が高まります。

■ 柔道、剣道などの武道系

護身術としても人気のある柔道や合気道、空手などといった武道系の運動は子どもにとって心身ともによい影響があると言われていますが、一方で危険な技もあります。

◎ 大外狩りは危険

子どもに対しては基本的に指導されませんが、大外狩りは大変危険な技です。受身がとりづらく、頭を地面に強打する可能性があります。実際、基本的に指導員はこの技を指導しないようです。

◎ 骨折しやすい

柔道、合気道ともに身体を強打する恐れがあります。指導員がしっかりついていれば基本的には問題になりませんが、受身をしっかりとれない場合は非常に危険です。子どもの習い事として人気のある柔道や合気道ですが、実際には危険な場合もあるということを知っておきましょう。

■ 子どもを怪我から守るために

子どもに悪い影響を与えかねない運動や、怪我を負う危険性が高い運動があることを知っておくことはとても重要なことです。一方で、子どもを怪我させないようにするためには、危ない運動はなるべくさせないようにするだけでなく、反射神経を養うことがとても大切です。スマホやゲームなどの利用で子どもを運動不足にさせるのではなく、子どもの運動についてきちんとした知識をもって日頃から反射神経を養うことも行いたいですね。